FC2ブログ
ヽ(´∀`)ノ今回は「朗読」の紹介をします♪(/・ω・)/ ♪

IMG_3203_convert_20190126172209.jpg

IMG_3208_convert_20190126172316.jpg


音は耳で「聞く」と、脳で「聴く」とあるそうです。
すずのきの「朗読」では、脳で聴き活性化されるようなプログラムになっています。
前頭葉・側頭葉への刺激に加え、音をよく聞くことで方向感覚がはっきりし、知らず知らずのうちに脳の中の脳幹と言う場所が刺激され、自律神経が安定し毎日いきいきしてきます。
 また、脳幹は血液循環・呼吸・体温調節・睡眠などをコントロールする中枢なので、耳から直接聴くことで、基本的な生活リズムを安定させてくれます。

IMG_3227_convert_20190126172536.jpg

IMG_3226_convert_20190126172608.jpg

 紙芝居や読み聞かせでは、昔読んだ懐かしい記憶を思い起こし考えることは、安らぎを感じることで心の安定や癒しの効果もあります。また、音には、高低・強弱・リズムがありますが、これを空間的に表現することで、単調な朗読に臨場感が増し、脳が刺激されながら朗読の深い感動と醍醐味を味わうことができます。

IMG_3224_convert_20190126172432.jpg

IMG_3223_convert_20190126172353.jpg

IMG_3217_convert_20190126172505.jpg

「音読」を行うことで、脳の前頭前野へ送られる血流が増加し、脳が活性化すると言われます。前頭前野は記憶力や思考力をつかさどる部分なので、認知機能の活性化を図ることができます。
 また、表情や意欲といった感情面にも効果があるとされ、コミュニケーションを積極的にとれるようになったり、表情が豊かになったりします。そうすることで、生活にメリハリが生まれ、生活の質が向上し意欲的な生活が送れるようになりますヽ(≧∀≦)ノ
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック