FC2ブログ
こんにちは!
浦和すずのきクリニック高齢者デイケア「ひだまり」です♪(/・ω・)/ ♪

今回のレクレーションは、実はすごい「折り紙」を紹介します。

折り紙の作業工程は大きく分けると、3つに分けられます。
①手を使って紙を折る
②どんな風になるのか想像しながら作る
③作り終わった後、出来ばえを見る

IMG_3250_convert_20190126173035.jpg


①手を使って紙を折る 
 手・指を使った作業は脳に非常に有効な刺激を与えることが分かっています。手は第2の脳と呼ばれており、手・指を使った作業は脳を活性化します。
 折り紙は非常に手を使います。大まかに折るものであれば、手先や指を使った細かい折り方もあり、折り紙に慣れ親しんだ人もそうでない人も、その人に合った楽しみ方ができます(´∀`*)

IMG_3252_convert_20190126173136.jpg



②どんな風になるのかを想像しながら作る
 考える・考察するといった作業は、認知機能を低下させないために有効な手段です。「こんな風に折ったらこうなる」と考えながら作業することで、空間認知能力や想像力を豊かにさせるといわれています。
 折った時に角と角を合わせる、折り目をきれいに作るということを意識することで、集中力や注意力を磨くことができます。

 IMG_3251_convert_20190126173104.jpg


③作り終わった後、出来ばえを見る
 実際に作り終わった後、きれいに作れたとか、うまくいかなかったとか振り返ることが大切です。認知症は記憶能力の低下が現れやすいです。そのため、折り紙を通じて「ここをこうすればよかった」と短時間で少し前のことを思い出す作業を行うことで記憶力の低下防止につながります。

上手く折れたかというよりも、何より楽しいので、1人で行うよりも他の人と話しながら行うことでより効果が大きいです。

IMG_3260_convert_20190126172958.jpg

2月のテーマは「節分」でした。
季節に合わせたテーマで毎月作成しています((^∀^*))

IMG_3258_convert_20190126173212.jpg


☆浦和すずのきクリニック高齢者デイケア「ひだまり」では、いつでも見学をお待ちしています☆

看護師・介護福祉士・作業療法士・精神保健福祉士・社会福祉士などスタッフ全員が国家資格を持ち、認知症の治療・ケア・リハビリなどを専門的な知識と技術で対応し、ご利用者様・ご家族様の悩みにも寄り添います。

≪アクセス≫
JR武蔵野線 西浦和より徒歩7分

住所:埼玉県さいたま市桜区田島7-17-21
電話:048(845)5566

♪いつでもお気軽にご連絡ください♪
スポンサーサイト



ヽ(´∀`)ノ今回は「朗読」の紹介をします♪(/・ω・)/ ♪

IMG_3203_convert_20190126172209.jpg

IMG_3208_convert_20190126172316.jpg


音は耳で「聞く」と、脳で「聴く」とあるそうです。
すずのきの「朗読」では、脳で聴き活性化されるようなプログラムになっています。
前頭葉・側頭葉への刺激に加え、音をよく聞くことで方向感覚がはっきりし、知らず知らずのうちに脳の中の脳幹と言う場所が刺激され、自律神経が安定し毎日いきいきしてきます。
 また、脳幹は血液循環・呼吸・体温調節・睡眠などをコントロールする中枢なので、耳から直接聴くことで、基本的な生活リズムを安定させてくれます。

IMG_3227_convert_20190126172536.jpg

IMG_3226_convert_20190126172608.jpg

 紙芝居や読み聞かせでは、昔読んだ懐かしい記憶を思い起こし考えることは、安らぎを感じることで心の安定や癒しの効果もあります。また、音には、高低・強弱・リズムがありますが、これを空間的に表現することで、単調な朗読に臨場感が増し、脳が刺激されながら朗読の深い感動と醍醐味を味わうことができます。

IMG_3224_convert_20190126172432.jpg

IMG_3223_convert_20190126172353.jpg

IMG_3217_convert_20190126172505.jpg

「音読」を行うことで、脳の前頭前野へ送られる血流が増加し、脳が活性化すると言われます。前頭前野は記憶力や思考力をつかさどる部分なので、認知機能の活性化を図ることができます。
 また、表情や意欲といった感情面にも効果があるとされ、コミュニケーションを積極的にとれるようになったり、表情が豊かになったりします。そうすることで、生活にメリハリが生まれ、生活の質が向上し意欲的な生活が送れるようになりますヽ(≧∀≦)ノ
今日は人気のプログラム「カラオケ」を紹介します♪(/・ω・)/ ♪

カラオケで好きな歌、得意な歌を歌ううちに、何とも言えない「」いい気分になってきます。
これを「幸せホルモン」と呼び、この分泌が脳を活性化させ、認知症予防をはじめとする健康維持に大いに役立つといわれています。

IMG_3186_convert_20190115080738.jpg

IMG_3187_convert_20190115080802.jpg

IMG_3188_convert_20190115080837.jpg

また、歌を歌うと自然と脳や全身の血行が促進され、脳の神経細胞も活性化します。
たくさんの空気を吸い込んで勢いよく吐き出して大きな声を出したり、やさしい声をゆっくり出したりと、歌の抑揚をつけるために自然と呼吸にかかわる筋肉や関節が大きく伸縮し、それに伴い血管の収縮や拡張も活発になるためです。

IMG_3191_convert_20190115080900.jpg

IMG_3192_convert_20190115080924.jpg

IMG_3193_convert_20190115080947.jpg